ガウガウ犬とならないための対処法

散歩をしていれば、ときどきガウガウ犬を見かけますが、ほとんどが小型犬です。だから狭い道で擦れ違うことになったとしても、飼い主さんがリードさえしっかりと持っていれば危険は感じないし怖くもありません。腹を立てることもありません。

ですが、先日見かけた飼い主さんには不快な気持ちにさせられてしまいました。

お友だちでしょ

ガウガウ犬の飼い主さんというのは、ワンコがガウガウしてしまうと、だいたい同じようなことを言ったりしています。黙ってリードを引っぱって立ち去る人もいますが、ワンコにたしなめるような言葉をかけている人が結構いたりします。

たとえば、「お友だちでしょ」 とか何とか。

この台詞には「相手のワンコは、怖くはないし争う相手でもないよ」という意味があって、仲良くして欲しいという飼い主さんの気持ちが表れているような気がします。だから一見好ましい方法のように思えます。

ですが、当のワンコに伝わっているのかどうかが重要な点ですが、どうもボクには有効な方法とは思えないのです。

不快な叱り方

先日見かけた小型犬の飼い主さんは、悪い意味でインパクトがありました。
連れていたワンコがレオくんに向かってガウガウしはじめると、

「コラ、ダメでしょっ!!」「○×△○×△・・・!!」

というようなことを言って、ヒステリックにワンコを叱りはじめたのです。

さらに、持っているリードをつかって首からワンコを何度か持ち上げていました。
半首吊り状態でした。

我慢の限界だとばかりに体罰を与えているようでした。

ボクの胸の中では、不快な気持ちが暫くは消えませんでした。

レオくんが唸り声をあげるとき

レオくんもときどき「グルルルー」と唸り声をだすことがあります。相手のワンコが不用意に接近してきたりすると唸り声を出すようです。レオくんの唸り声は不快感をあらわしていて、その意味するのは「近づくな」です。

好ましいことではないので止めさせたいと思っていますが、どうすれば直せるのかボクにはわかりません。だからといって、悩んでいるわけでもありません。

レオくんが唸り声をあげるのは、相手のワンコが不用意に近づいて来るようなときだけなので、気に病むほどではないのです。

それに、ボクなりの対処法があるので何とかなっているということも気楽に構えて居られる理由かもしれません。

ボクなりの対処法

レオくんが相手のワンコに唸らないようにする対処法は次のとおりです。

まずは、レオくんと相手のワンコを観察することから始まります。たとえば、相手のワンコが不用意にレオくんに近づいてくるようであれば危険信号です。すぐに対処しなければなりいません。その状態で何もしなければ、高い確率でレオくんは唸り声をあげてしまうからです。

ところで、唸り声をあげるときのレオくんというのは相手のワンコに注意が集中しているか執着している状態にあるときです。だから、集中や執着心を削いでやることができれば、レオくんは唸らなくなるかもしれません。

集中や執着心を削ぐ具体的な方法とは、リードを「クイッ、クイッ」と引いてレオくんにサインを送っります。同時に声掛けもします。こうやって注意力の1部をボクの方にも向けさせて、ボクの存在を意識させるのです。つまり、集中力を分散させるのです。

もしもレオくんの執着心が強いようであったなら、リードのサインを「グイッ、グイッ!」と強めにしたり、声掛けにコマンドを使ったりします。それを何度も繰り返します。

ここでボクが気をつけていることがあります。

  1. なるべく早い段階からアクションを起こすように心がけています。相手のワンコが目の前に迫ってからでは効果が低くなるからです。
  2. リードでサインを送るときは引っぱりっこにならないようにしています。つまり、リードを引いたらすぐに緩めるようにしています。
  3. 目的は、レオくんに唸り声を出させないことと、相手のワンコとの触れ合いです。だから、レオくんの注意が100%ボクに向いてしまわないように加減しています。

ただし、この対処法はレオくんには効果的であっても、他のワンコに効果があるかどうかはわかりません。レオくん以外で試したことがないからです。

それから、これはしつけではないので、ガウガウが治ることを期待して行う方法ではありません。その場限りでガウガウしないようにするための方法です。
もっとも、ワンコは習慣の動物なので、やり続けていればガウガウしなくなるかもしれません。

スポンサードリンク