ワンコは掃除機の何に吠えているのか

レオくんは掃除機が嫌いらしく目の敵にしています。掃除機がレオくんが寝ているベットに近づいてくると唸りだし、さらに接近しようものなら吠えてしまいます。

なので、掃除機が接近してきたときにはレオくんをベットごと避難させるようにしています。

イスの上

朝食を食べた後のレオくんは、ボクの部屋にあるベットで寝ています。するとじきに、かみさんが掃除機で掃除をしながらボクの部屋に入ってきます。当然に掃除機がレオくんに近づくことになるので、レオくんは一気にスクランブル状態になってしまいます。

なので、レオくんを興奮させないように、ベットごとイスの上にのせてしまいます。そうするとレオくんは落ち着いて静かにしていてくれるのです。

目で訴える

なぜイスの上にのせるだけでレオくんが落ち着くのか分かりません。掃除機よりも高いところにいるので攻撃されないと安心するのかもしれませんし、単に掃除機から離れるので警戒心が緩むのかもしれません。

いずれにしても毎回同じことを繰り返しているので、今ではボクの部屋に掃除機が入ってくると、レオくんは目でボクに訴えてくるようになりました。

「早くイスの上に載せて!」

そう言っているような目でボクを見るのです。w

掃除機の何に吠えているのか?

掃除機に過剰反応するのはレオくんだけに限ったことではなくて、多くのワンコに共通した行動のようです。その理由にはだいたい次のような説があるようです。

掃除機の音

ボクが教科書のひとつにしていいる「犬も平気でうそをつく? (文春文庫)」(スタンレー・コレン著)には、次のような記載があります。

こうした器具では、たいてい羽根や刃のついたモーターが猛烈な速度で回転し、周波数の高い金属的なキーンという音をだす。これは犬にはたえられないほど大きく聞こえるが、犬より鈍い人間の耳にはそれほど苦痛でもない。・・・

犬は人間よりも音に敏感で、犬は人間が聞くことのできない高周波数の音を聞き取ることができます。(この特性を利用したものが犬笛です)

このことから、ワンコが掃除機の音に反応しているという説は説得力があります。ですが、反応しているのは音だけではないとも思っています。

仮にレオくんが音だけに反応しているのだとすれば、掃除機のスイッチを入れた時点で吠えるはずです。ですが実際には、掃除機がレオくんの目の前に迫るまでは吠えることはしません。

つまり、レオくんは掃除機の音だけに反応しているわけではない、ということがわかります。

掃除機の動き

再度「犬も平気でうそをつく?」から、次のような記述を見つけました。

犬が高周波の音を聞き取れるのは、彼らの祖先が進化した過程と関係ががある。狼、ジャッカル、キツネは、ハツカネズミ、ハタネズミ、クマネズミなどの小動物を獲物にすることが多い。これらのげっ歯類は高くて鋭い声をだし、木の葉や草のあいだを走りまわって、こすれるような高周波の音をたてる。・・・

本書では高周波の音に反応する根拠として記述されていました。けれど、ボクが着目したのは獲物となる小動物の「音」と同時に「走りまわる」という点です。

今は秋なので道路には枯れ葉が落ちています。風が吹けば枯れ葉が飛ばされたりします。するとレオくんは、風で吹き飛ばされた枯れ葉を追いかけようとします。

また、かみさんが掃除ではたきを使い出すとレオくんは敏感に反応します。まるで猫が猫じゃらしに反応しているように見えるほどです。

これらはレオくんが高周波の音に反応しているのではなく、動くものに反応しているのです。

掃除機の形

ネットでみつけた記事の中には、ワンコが掃除機の形に反応しているという説に対して否定的な意見があるのを見つけました。でもボクはそうは思いません。

レオくんが子どものときは停めてある動かないバイクに吠えていました。またあるときは庭石にも吠えていました。笑い話ような本当の話しです。

つまり、音がしたわけでもなく動いたわけでもないのに、レオくんは吠えたのです。掃除機の形に反応するワンコがいてたとしても全然不思議ではありません。

掃除機の何に吠えていますか?

ワンコが掃除機の何に反応しているかという点については、結局ボクには複合的な理由であることに加えて、ワンコ自身の学習やしつけにも関係していると思っています。

そもそもの始まりは、ワンコの祖先が小動物を獲物にしていた記憶が現代のワンコに受け継がれているのかもしれません。最初の獲物の見つけ方が「音」だったのか、「動き」だったのか、「形」だったのか、はたまた初めから複合していたのか、ボクにはわかりません。

ただ今では「音」「動き」「形」は関連づけられたワンコの記憶となっていて、どれか1つだけでも反応するだろうし、複合しても反応するようになったのではないかと思うのです。

さらに、人間と暮らす中でワンコ自身が学習したり意図的にしつけられたりして、「音」「動き」「形」に対する反応が弱められたりします。むやみに吠える犬は好まれないからです。その結果、それぞれのワンコで掃除機に対する反応がバラバラになったというわけです。

だから、ワンコが掃除機の何に反応しているのかという問題は個体ごとに違っていることになります。レオくんの反応が全てのワンコの反応であるとは言えない、ということになるのです。

さて、あなたのワンコは掃除機の何に吠えていますか?

スポンサードリンク