近所のお花見の風景

桜の散り具合が気になって確かめてきました。

案の定で、ずいぶんと花が散ってしまっていました。

桜の絨毯

木曜日に降った雨もさることながら、金曜日の嵐のような強風が桜にダメージだったのかもしません。

さいたま市内では屋根が飛ばされる被害があったようですが、どうやら今日の新聞によると小規模な竜巻だったようです。藤田スケールで最小のF0だそうです。

レオくんの足元は桜の花びらの絨毯状態でした。

お爺さんとお婆さんのお花見

それでもお花見している人はたくさんいましたよ。
午後4時になろうかという時間だったけれども、まだ宴会している人もチラホラといました。

印象的だったのはお爺さんとお婆さんの2人です。
土手の斜面にシートを敷いて、缶ビールを2つ並べ、焼そばをほお張っていました。

「お爺さんとお婆さんだけだと、なんか寂しいね。」とかみさん。
「まぁ、そうだね。ボクらみたいに犬でもいれば違うのにね。」とボク。

いったいどんな会話をしてからお花見に出かけてきたのでしょうね。^ ^

お花見は気分

オジさんが集まって本格的なお花見をしているグループもいました。このオジサンたちは、いったいいつから宴会をしているんでしょうか。^ ^;

かと思うと、若い女の子のグループもシートを敷いて宴会らしきを開いていました。といっても、アルコール類は見当たらず、シートの横には自転車が数台止めてありました。
なるほど、お酒はなくとも気分はお花見だね。

今年の桜は終わりです

ここは桜の名所ではないし満開を過ぎてしまっているけれど、お花見は楽しめるってことですね。

ふと、思い出して、

「だけどさ、爺さん婆さんがいるだけでも、いいんじゃない。」
「うん、そうかもね。」

このあたりの桜は、たぶん今年はこれで終わりです。

スポンサードリンク