ワンコが憎々しいと感じたとき

2011年8月28日(生後102日)

今朝は5時30分に起きたのですが、またレオくんがおトイレを失敗していました。

フローリングにオシッコをした溜まりが2ヶ所もできていました。
しかも、オシッコの上を歩いて足にオシッコがついてしまったままで部屋を歩き回ったようです。

おかげでボクは、朝の6時前から床掃除をしなければなりませんでした。

毎朝の心配は

ボクの毎朝の日課は、レオくんのおトイレを確認することです。

今のところは失敗していることがほとんどです。
だから毎朝リビングを覗いて見ることがボクには怖いのです。

また失敗しただろうか?
それとも今日は成功しただろうか?

そんなことを心配しながら起きているのです。

憎々しく

ところで、今朝はオシッコを失敗していましたが、ウンチはケージの中に敷いてあるペットシーツにしてくれていました。
ウンチに限れば成功していたのです。

これがもし、オシッコばかりかウンチまでもが失敗していたら、それはもうリビングがレオくんのおトイレということになってしまいます。
ペットシーツが何ために敷いてあるのか、全く意味の無いことになってしまいます。

最悪なのは、オシッコと同じようにウンチを踏んだ足で部屋中を歩き回っていたりしたら、それはもう・・・
ボクは冷静さを失ってしまいそうです。

そしてそれが何度も続いた後だったりすると、本当にレオくんが ” 憎々しく ” 思えてしまうのです。
(ーー;)

時すでに遅し

今にして後悔しているのは、ケージの中でしばらくは慣れさせておくべきでした。
そうすれば、おトイレが上手くいかなくともケージの中だけの問題で済んだはずです。

ボクもかみさんもワンコを飼った経験がなく、反対にニャンコを飼った経験があったがために、部屋の中で放し飼いにするのが普通に思えてしまったのです。そのためにレオくんを我が家に迎えたその日から、ケージの外に出してしまっていました。

その結果、レオくんをケージに入れて扉を閉めると騒ぎ出してしまうようになってしまいました。

時すでに遅し、だったのです。

ワンコの飼い方をほとんど勉強しないままで飼い始めたのがいけなかったようです。甘く考えていたのかもしれません。

ただし、このような状況でも対処方法はあるはずです。
ここで諦めるわけにはいかないのですから。

公開日 2011年08年28日
更新日 2014年05月20日

この記事は2011年8月28日に「トイプードル・レオくんのワンとのお仕事」(2011/07-2013/06)に投稿した記事の内容を再編集しなおしたものです。

スポンサードリンク