益子の『春の陶器市』2014 渋滞のおかげで出合うことのできた感激

2014年4月26日

益子から帰るルートは、北関東自動車道・真岡IC(インターチェンジ)から入り、すぐに東北自動車道に乗換えて南下するルートです。その途中に最後の目的地・羽生PA(パーキングエリア)があります。

ところが、北関東自動車道に入ってから間もなくして目に飛び込んできたのは、「佐野藤岡~羽生間が事故で渋滞 通過予定時間30分」というもの。
ゴールデンウィークなので渋滞は仕方ないかと諦め、渋滞に備えて壬生PAでトイレ休憩をとりました。

渋滞がさらに悪化

壬生PAにはワンコを散歩させることができる広々とした芝生広場があります。ワンコ専用ではないですが、ワンコ連れには休憩しやすいPAです。ですが、言ってしまえばそれぐらいしかないPAかもしれません。

で、再び高速道路を走り始めて次に目にした表示内容は、休憩をとる前より更にがっかりさせられてしまいました。

「佐野藤岡~羽生間が事故で渋滞 通過予定時間90分

さらに時間が延びていたのでした。

渋滞のおかげでみることができたライトアップ

ノロノロと進んで止まり、またノロノロと進んで止まり。永遠に続くかと思われた渋滞ですが、いずれは通過するものです。

カーナビが示していたとおり、羽生PAの手前あたりから車が流れ始めました。
壬生PAを出てからは羽生PAまで、だいたい1時間30分ぐらいかかってしまいました。

それでも羽生PAに進入していって建物が目に飛び込んできたときには、

「おおぉー!」

思わず感嘆の声がもれてしまいました。


鬼平江戸処 PM6:38

渋滞に巻き込まれたおかげで羽生PAに到着するのが遅くなってしまいました。
その結果、周囲が暗くなってしまったことで、ライトアップされた建物を見ることができたというわけです。

鬼平江戸処で食べた焼そばが忘れられない

この羽生PAは、鬼平江戸処というらしいです。どうして鬼平なのかとか、入っているお店とかの詳しい情報については、専用のサイトに詳しくでていました。
雰囲気のあるサイトになっているので一見の価値がありますよ。

中のつくりも江戸時代の長屋をイメージしたようなデザインになっていました。
もちろんワンコは入れないので、ボクたちは焼そばとたい焼きを買って外のベンチで食べました。

ところが、この焼そばが望外に旨かったです!

ゴボウとワラビが効いている和風の醤油味の焼そばです。
ボクの中では5本の指に入ろうかというほどに感激した焼そばでした。

たい焼きもあんこたっぷりだし、甘さ控え目で、これもなかなかでした。

で、後から調べてみると文楽焼本舗というお店でした。
ウリは「人形焼き」と「お好みたい焼き」みたいです。

それでもボクとしては、焼そばをオススメします。

家族が群れ

ボクはもちろん、レオくんもお疲れです。

レオくんはバギーに乗っている時間の方が長く歩いた距離はいつもよりも少なかったはずです。
けれども慣れない環境だったのでずいぶんと疲れたようです。

レオくんが1日楽しかったのかどうかはわかりません。
でもレオくんにとって重要なことは、ボクたちと一緒に行動したことです。

レオくんには家族が群れだし、ワンコは群れる動物だからです。

スポンサードリンク