益子の『春の陶器市』2014 買い求めてきたのはこんな陶器たち

益子の『春の陶器市』2014の最終回になります。

最終回は陶器市で買い求めてきた品々をご紹介します。

またしてもマグカップ

写真のマグカップは、左側がボク用で右側がかみさん用です。
マグカップは去年の秋の陶器市でも手に入れていたのですが、あらためて1客づつ手に入れてきました。
(去年の秋の陶器市の記事はこちら

どうして2客目のマグカップを手に入れてきたかというと、ボクとかみさんでは少しばかり事情が違います。

ボクの事情

ボクの場合は、晩酌でよく焼酎を飲むのですが、これまでは普通のグラスを使っていました。ですが、どうにも味気無さを感じていたので、陶器製のグラスが欲しいと思っていたのです。で、いろいろ見た結果、陶器製のグラスではなくマグカップになったというわけです。

もちろん、前に手に入れたマグカップはコーヒー用に今も大活躍していますよ。


去年の陶器市で手に入れたマグカップ

かみさんの事情

かみさんの場合は、ボクよりも現実的です。
陶器市で手に入れたマグカップを2週間後ぐらいには割ってしまったのです!

あまりにも残念で、そのまま捨てる気にもなれませんでした。なので、接着剤でくっつけてテーブルの鉢植に利用することにしたのですが、これがなかなか雰囲気がよくて今でもテーブルの上に飾ってあるのです。

今回の陶器市で同じマグカップを見つけることはできました。
けれど、テーブルの鉢植と同じマグカップを利用するのはどうかということになり、別のマグカップを手に入れてきたというわけです。


割ってしまったマグカップは鉢植がわりに利用
よく見ると割れた痕がわかります

その他に手に入れた陶器

食器は5枚1組というのが慣わしみたいなところがありますが、ウチでは家族の人数分だけ買うことにしています。これらの陶器のほとんどは定番化されていて、割ってしまっても買い足すことができるのです。

といっても、益子に行かなければ探せないというのはありますけどね。

小鉢用のお皿は、ぼんやりとした赤い花が気に入ったみたいです。
たぶん、バラの花かな。

柚子の絵柄がかわいいのは、お鍋のときの採り皿です。この絵柄はシリーズ化されていて、前に同じ絵柄の小皿を手に入れていました。使っていてなかなか気に入っていたので、採り皿も同じ絵柄にしたというわけです。

他には茄子、柿、南瓜などがシリーズ化されているようです。

こんな小皿も買いました。

並べてみると、どうもかみさんは絵柄の入った食器がすきみたいですね。

不揃いの箸置き

近ごろ、旅行や遠出をしたときに決まって買って帰るのが箸置きです。箸置きの良いところは小さいのであまり邪魔にはならないし、実用的なところです。

で、今回の箸置きをあらためて見てみたら、

あら、まっ!

ひとつだけ形が違っていました。w

選んだときには気づかなかったみたいです。
まぁ、ご愛嬌ですね。

スポンサードリンク