ボクがワンコに服を着せることにした訳は

2011年12月19日(生後215日)

「犬に服なんて、おかしいでしょ!」

これまでのボクはそう思っていたはずでした。そんなボクも、とうとうレオくんにワンコ服を着せる日が来てしまいました。

時が経てば人の心も変わるみたいです。w

ワンコに服を着せることにした訳は

レオくんと散歩をしていると、自然に他のワンコが散歩をしているようすに目が向いてしまいます。それで気になっていたのは小型犬の多くが洋服を着ているという事実です。

はじめは反発心があって素直に見れなかったのですが、見慣れてくるとなんだか服を着ているワンコ(特に小型犬)が普通に見えてくるから不思議です。かえって、レオくんの方が裸に見えてきてしまう始末です。

それに、だんだんと気温が下がってきていたので、レオくんが寒そうに見えはじめていました。

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる

もともとワンコは寒さに強いと思い込んでいたのですが、犬種によって違うようです。どうやら被毛がシングルコートなのかダブルコートなのかの違いで差があるようで、トイプードルはシングルコートで寒さに弱いようです。

そんなわけで、レオくんにもワンコ服を着せることにしたというわけです。

初めてワンコ服を着たレオくんは、はじめこそ気になって仕方ないという感じでしたが、直になれて気にしなくなりました。

凛々しく見えるレオくんです。^ ^

服のサイズとレオくんの体型

初めてワンコ服を購入するときに戸惑うのは、ワンコのサイズです。ちゃんと測って、それに合うサイズの服を購入しないと失敗します。

レオくんのサイズは、首囲23cm・胴囲38-45cm・背丈40-42cmみたいなのでMD-Sというサイズを注文しました。ですが、ホントは胴囲45cmなのでギリギリのサイズだったので、実際に服を着せたところちょっと窮屈な感じがありました。もう少し余裕があった方がよかった感じがしました。

そんなわけだから、ワンコ服の胸のところはスナップが4つついているのだけれど、1番上のスナップだけは留めずに着せることにしました。

それでわかったことは、レオくんの体型は首が細い割には胴回りが太く胴丈が長いみたいです。そういう体型に合わせた既製服は、なかなかないみたいです。

手頃な値段がちょうど良い

レオくんの服はネット通販(インターネット)で見つけました。

フリース生地でモフモフ感があってあったかそうです。筒状の形に、首と前脚部分があって、胸はスナップボタンが4つついています。値段は手頃な1,280円でした。

中には1万円近くもするワンコ服もあったりするのですが、とてもボクには買えそうにありません。レオくんには手頃な1,000円~2,000円ぐらいの価格帯が気軽に着せることができて、ちょうど良いのかもしれません。

この冬はもう1着ぐらい欲しいので、また探してみるつもりです。

公開日 2011年12年19日
更新日 2014年09月08日

※この記事は「トイプードル・レオくんのワンとのお仕事」(2011/07-2013/06)に投稿した記事の内容を再編集しなおしたものです。

スポンサードリンク