毎日の散歩でペットカートを使っていては運動不足になってしまうのでは

大宮公園というのは、大宮第一公園、第二公園、第三公園と3つに分かれています。
前回の記事でお弁当を食べたところは第二公園でした。

お弁当を食べた後は公園内を散歩したのですが、第二公園だけでは物足りなく感じたので、第三公園まで足をのばすことにしました。

第二公園と第三公園は道路1本隔てただけの隣り合わせで、スロープの歩道橋を使って行き来できるようになっているのです。

ペットカートに乗せられたワンコ

大宮第三公園に向かうため歩道橋を渡っていると、ちょうど反対側からミニチュアダックスフンドをつれた夫婦がペットカートを押しながら歩いてきました。ワンコを連れているもの同士なので、自然にあいさつを交わしました。

そうして第三公園を散歩し終えて第二公園に戻るために歩道橋を渡っていると、タイミングよく先ほどのミニチュアダックスフンドの夫婦が反対側から歩いてきました。今度はミニチュアダックスフンドがペットカートに乗せられていました。

「また遇いましたね。ワンちゃんはよく歩きますか?」
「ウチはよく歩くんですよ」

そのように返事しました。

後から考えてみると、ボクたちもペットカートを押していたから同じような状況を期待した台詞だったのかもしれません。

ペットカートを使うシーンとは

このときボクがペットカートを押していたのはレオくんが歩かなくなったら乗せるためではなくて、荷物を運ぶためのカート代わりにしていたのでした。

そもそもボクには、レオくんが疲れたからペットカートに乗せるという発想がないのです。では、ボクがペットカートを利用するときはいつかというと、だいたい次のような場合です。

1.ペットカートなどに乗せないと入場できない施設や乗り物など

先日の遊覧船がまさにそうでした。

2.通行人に踏まれたりする危険がある場合

下を見ながら歩く人はあまりいませんので、通行人が多いとワンコが見えにくく踏まれてしまう危険があります。それに加えて、周囲に踏まれないよう注意して歩くレオくんも緊張を強いられてしまうはずです。こういった場合にはペットカートは使うことにしています。


ただし、人混みが多すぎる場合はペットカートが邪魔になってしまうので使うことができません。

3.ワンコが通行人の邪魔になりそうな場合

レオくんが右や左に蛇行して人の邪魔をしてしまうおそれがあります。最悪、レオくんに足をとられて転んでしまう人がいるかもしれません。ペットカートに乗せていれば、こういった心配をする必要がなくなります。

ただし、上記と同様に人混みが多すぎる場合は使えません。

4.旅先で地面が高温になった場合

基本的に8月は旅行をしませんが、他の月でも暑くなる日があり地面も高温になります。旅先でそうなると身動きが取れなくなってしまいます。こういう状況ではペットカートは重宝します。当然、ワンコが軽ければ抱っこやスリングという方法もあります。

5.荷物が多い場合のカート代わり

公園でお弁当を食べるときなどは折りたたみイスなども持ち出すので、よくペットカートを荷物入れのカートとして使っています。

先日の大宮公園でも、荷物入れのカート代わりに使っていました。

「犬オーナーのペットカート利用実態調査」から見えてくる不安

先日、ペット保険のペット&ファミリーが「犬オーナーのペットカート利用実態調査」を公表しました。ペット&ファミリーは話題づくりのためか、ときどきアンケート調査を実施しているようです。w

それによると、小型犬の場合では33.3%のオーナーがペットカートを使用しているか、以前使用していたことがあると回答しています。

また、どのようなときに利用しますかの質問には、小型犬は「ショッピングや食事にでかける時」44.2%、「散歩の時」34.0%、「愛犬が病気やケガをした時」34.0%、「旅行など長期外出時」30.1%と続いています。

この結果から、ワンコと一緒にお出かけする時はペットカートを利用するオーナーが多いことがわかります。ボクがペットカートを購入した動機もそうでした。

それよりも気になるのは「散歩の時」に利用しているオーナーが想像以上に多かった点です。多分、大宮公園の歩道橋で出会ったミニチュアダックスフンドもそうだったのかもしれません。

健康なワンコが普通の散歩でペットカートを使ってしまうと、ワンコの運動不足にならないかと心配になってしまいます。

ちなみに、レオくんが散歩中に疲れて座り込んでしまった場合は、その場で休憩を取るようにしています。そうして体力の回復を待ってから、散歩を再開します。もちろん、レオくんを励ましつつも観察を怠らないようにしています。

尤も、レオくんが途中で座り込んでしまうことなど、めったにないのですが。

※ペットカートとペットバギーは同じものであるようですが、利用実態調査で使用している「ペットカート」に統一しました。

 
犬も平気でうそをつく? (文春文庫)

スポンサードリンク