サンタローブで味わった4つの楽しみ

24日のクリスマス・イブではサンタローブだけを着せて散歩をしましたが、丈が短くて見た目が寒そうでした。なので、昨日はカバーオールの上にサンタローブという重ね着にしました。これならば寒くはないでしょう。

けれど、なんだかイマひとつの見た目になってしまいました。w

サンタローブで味わった楽しみ

今年のクリスマスはレオくんのサンタローブのおかげで、思いのほかに楽しむことができました。

1.買う楽しみ
自分の洋服選びと同じで、あれこれと探すこと自体が楽しいです。
2.クリスマスを待つ楽しみ
サンタローブが届いてからクリスマスの日までは部屋の見えるところに掛けておいて、クリスマスの飾りつけのひとつにしていました。
3.クリスマス・パーティー
いよいよクリスマス・パーティで実際に着せると、その姿を見ているだけで気持ちが和みました。写真撮影も一味違って楽しいです。息子もスマホで撮影していたほどです。
4.サンタローブを着ての散歩
注目度はバツグンです。サンタカラーを着たワンコと出会えれば一層気分が盛り上がります。

クリスマスの思い出

かみさんから聞いた、お隣さんの話し。お隣の末の娘さんは、サンタさんにお願いしたプレゼントと違うプレゼントを貰ったらしく、いまだに拗ねているのだそうです。

そんな話しを聞いて、ウチの息子たちが小さかった頃を思い出してしまいました。

息子たちがまだサンタクロースを信じていた頃は、プレゼントのお願いが何なのかを何気なく聞き出して、こっそりとオモチャ屋さんで買ってきて押入れの奥に隠しておいたものです。

たいへんなのは、子どもたちが欲しいオモチャは大抵流行りのオモチャなので売切れてしまうということです。なので早い時期に手に入れておくよう心がけていました。けれど、運悪く売り切れという年が2度ぐらいありました。それでも諦めずに何軒ものオモチャ屋さんを駆けずり回って手に入れていました。

そんなこともクリスマスの楽しい思い出です。

幸せ気分

今は息子たちが大人になってしまい、オモチャ屋さんを駆けずり回る必要がなくなりました。味気ないクリスマスになってしまいました。(もっとも、今はネット通販があるので初めからオモチャ屋さんに行かないでしょうね)

けれど、レオくんを家族に迎えてからは少しだけ変化がありました。レオくんにあげるクリスマスプレゼントを考えたり、いつもと違うご馳走を用意してみたりといった具合です。

そして、その分だけ幸せ気分を味わえるクリスマスになったような気がしています。

ということで、今年のサンタローブの出番は終わりです。さっそく洗濯をしてタンスの奥にしまいました。

来年、またヨロシクね。

スポンサードリンク