ワンコ服が不良品だったことでワードローブが増えたのだ

5月はレオくんの誕生日です。

ということで、かみさんが息子たちに催促して出資させ、ネット通販でワンコ服を購入しました。それがこのデニムのカバーオールパンツです。

で、そのカバーオールパンツがどうして2着もあるのかとうと、通販にありがちなちょっとした事件があったからなのです。

不良品

届いたワンコ服が不良品であることは、すぐに気づきました。
レオくんに着せてみようとしていて、ホックがあっけなく取れてしまったのですから当然です。

あらっ!

そんな感じだったようです。

ホックが取れてしまったのは、下腹の左側にある凸側のホックです。

カバーオールは、左右の肩ひも部分をホックで留め、左右の下腹部分もホックで留める作りでした。これならばホックの取れた部分の1箇所を縫いつけちゃっても着たり脱いだりするのに支障はなさそうでした。

なので、面倒になるのは避けたい気持ちもあったのでクレームを言うのは止めようかとも考えたのですが、一応は商品の交換を申し出をしてみることにしました。

連絡はメールのみ

さて、連絡先を確認するとお買い上げ明細書には次のような記載がありました。

商品に関するお問い合わせは、以下の電話対応をしておりません。
メールの対応になります。

少しばかり不安が過ぎりました。
電話対応ができないほどの小規模経営ということなのでしょうか。

メール交信履歴

以下はメール交信の内容を時間の経過とともに記した内容です。

4月27日(14:40) 送信 ⇒
左下腹部分のホックが取れてしまう不良品であるため商品の交換を希望していること、手続きはどのようにすればよいのかという内容を送りました。
4月27日(19:19) ⇒ 受信
ショップからは写真の送信依頼がありました。確認ができ次第に商品を送りますとのことでした。
※この段階で担当者が中国系の名前で、日本語に不自然さがあることに気付きました。
4月27日(19:54) 送信 ⇒
下記の写真を送信しました。
4月27日(20:00) ⇒ 受信
交換してくれる商品は速達で4月29日送りますとのことです。また手元にある商品は着払いで返品の依頼がありました。
4月27日(20:49) 送信 ⇒
内容を了解したことを伝えました。また、追加で背中のタグがなかったことも伝え、写真を添付しました。
4月27日(21:54) ⇒ 受信
タグをはずしましたか?とかみ合わない返事が返ってきました。それでも、はずしたとしても商品は送ります、との内容でした。
(日本語は堪能ではないようです)
4月27日(22:18) 送信 ⇒
誤解を解くために、はじめからタグがなかったことを平易な言葉にして送りました。
※ところが送信エラーで送ることができませんでした。(回線障害?)
4月28日(18:18) ⇒ 受信
商品に問題ないことを確認した上であらためて商品を発送しました。不良品の商品は返品しなくてもよいとのことでした。
(このメールを見たのは商品発送の手続きを済ませた後でした・・・)
4月29日
商品が届きました ⇒ 返品のためセブンイレブンで荷物の発送依頼しました ⇒ その直後に前日のメールに気付きました ⇒ 再度セブンイレブンに行き発送取消し、返品荷物を持ち帰りました
4月29日(13:30) 送信 ⇒
商品が届いたことを報告しました。

返品の取りやめ

商品の送付はメール便(160円)が利用されています。ところが、メール便には着払いがありません。なので、返品する場合は通常の宅配便の料金がかかってしまいます。おそらく、ショップ側では通常の宅配料金を支払ってまで不良品を回収するメリットはないと判断したのだと思います。

その一方では、不良品とはいえ一部を縫い付ければ着せることができそうでした。またタグがないこと自体は大きな問題ではありません。

ということで、返品しないことはボクにもショップにもメリットがありそうです。何度もセブンイレブンまで足を運ぶのは面倒でしたが、荷物を引き取りにいきました。


送付の取り消しをして回収してきた荷物

色違いのカバーオールパンツ

そんないわく付きのワンコ服ですが、手を加えてレオくんに着せてみました。

背中のタグは、かみさんが適当な布切れを縫い付けたみたいです。それっぽくなって悪くない感じです。

正規品が赤系のタグがついているので、これとは色違いとなって、レオくんのワードローブが増えた結果となりました。

なんか、得しちゃったみたいです。

スポンサードリンク