犬だって病院が嫌いなのだ

 

ここ、新都心どうぶつ病院に行くのは、これで3度目です。
この病院に通うようになったのは、単に自宅から近いということと、診察費が標準かなという理由からです。

それから、大病でなければどこの動物病院でも大差ないかな、という見込みもありました。

ここは、開院してからまだ1~2年ぐらいの新しい動物病院です。
そういうこともあってか、いつも患者さんがいなくて空いています。

今日は珍しくチワワとその飼い主さんがいました。
少し賑やかかなと期待していたところ、既に診察が終わっていたみたいで、すぐに会計となってしまいました。

その人たちが帰ってしまうと、いよいよボクたちだけになってしまいました。w

この動物病院は、こんな調子で大丈夫なんでしょうか? ε= (´∞` ) ハァー

前回の診察では耳の掃除や耳毛を抜かれたりと、レオくんにとっては散々でした。

その時のことをレオくんには覚えているらしく、病院に近づきはじめたときから「クーン、クーン」と不安がり始めました。
待合室に入るとレオくんの落ち着きの無い動きはピークです。

極度に悪いイメージを持ってしまうのは、人もワンコも一緒みたいです。
みんな病院が嫌いなのだ!w

ところで、病院に行ったそもそもの目的である外耳炎はキレイになったとのことでした。
しかも、今日の処置は全く必要ないほどにキレイですとのことでした。

原因のマラセチアを退治できたみたいで、やれやれ一安心です。

診察が終わって帰るために車に乗り込んだところです。
病院から開放されて、なんとなく嬉しそうに見えます。

現金なところも、やっぱり同じみたいですよ。^ ^

自宅に帰ってきて安心したみたいで、少しお疲れみたいです。
クールアイスまくらの上で、しばしジッと動きませんでした。

お疲れさまだったね!

 

本日の診察代

・再診料 525円

以上

スポンサードリンク