新しいペット保険の保険金請求手続きをしていたら思わぬアクシデント

レオくんは外耳炎で2日ほど動物病院に通院しましたが、無事に治療が終わりました。

ということで、保険会社に保険金の請求をすることにしました。
以前はアイペット保険を利用していましたが、6月からはPS保険に切り替えています。PS保険に切替えてから初めての保険金請求の手続きなのです。

保険請求の手続き

ホームページで確認

初めにしなければないらないのは、どういった手順で何が必要なのかを確認することです。
こういう場合はホームページで確認するのが早いです。

調べてみると、それはPS保険(ペットメディカルサポート)の「ご契約者さまのページ」というページに目的の保険請求についての記載がありました。
手順は次のとおりです。

STEP1 保険証券を準備する
STEP2 保険会社へ連絡および必要書類の印刷
STEP3 保険金請求書の記入および領収書の準備
STEP4 書類の郵送

さらに読んでいくと、3種類の書類が用意されていてダウンロードできるようです。

  1. 保険金請求書「家庭動物保険金請求書兼一括委任状同意書」
  2. 診療明細書
  3. 宛名

とりあえず3つの書類をダウンロードし、プリントアウトをしようとしたところで・・・

あれれれ、プリンターが動きませんぜ!?

プリンターのエラー表示と説明書を確認しつつ、最終的にはメーカーに問い合わせをしたところ、修理が必要ですとの回答になってしまいました。(>_<、)

気を取り直して、保険金請求の手続き再開です。

手続き

STEP1 保険証券を準備する

保険証券を準備するのは次のSTEP2で、①証券番号、②契約者名、③ペット名、④契約者の住所 の4点を確認するためのようです。

STEP2 保険会社へ連絡および必要書類の印刷

連絡はフリーダイヤル(0120-335-573)にしました。
そして確認されたのは次のような内容です。

・保険証券記載の①~④(STEP1参照)
・犬の症状
・診療領収書に必要な項目の記載有無
①契約者の苗字、②ペット名、③病院名と連絡先、④診療内訳明細

惑わされた表現

ところで、最初にSTEP2を見たときに解釈に困りました。というのは「および」という表現を使っているので、

①保険会社への連絡
②必要書類の印刷

この両方を実施しなければならないのか、という疑問です。
もっとも、ボクの場合はプリンターが故障してしまったので悩むことなく電話連絡をしたのですけどね。w

結論を言えば、①と②のどちらかを選択すれば良いようです。
つまり・・・

①はパソコンやプリンターがない方が対象の手続きです。
電話で連絡をすれば、内容を確認された上で必要書類を郵送してもらえるのです。

②は自分で書類をプリントして記入し郵送する方法です。
電話連絡は必須ではありません。

ということで、「および」ではなくて「もしくは」の表現の方が適切かと思えます。
修正していただきたいところですね。

一時中断

STEP3、STEP4について、保険会社から送られてくる書類を待つことになりました。(プリンターが壊れているので待つしかない)

なので、この続きは後日にまたご報告します。

診療明細書

診療明細書は、病院の領収書に4項目が記載されていれば必要ありません。
仮に4項目を満たしていない場合は、動物病院に診療明細書の記入をお願いすれば大丈夫です。

宛名

封書の宛名を手書きする手間が省けることは当然ですが、受取人払いとなっているので、切手を貼らずに投函できます。
ちょっとしたことですが、好感度アップです。

ということで本日はここまで。
つづきはこちらから

スポンサードリンク


新しいペット保険の保険金請求手続きをしていたら思わぬアクシデント」への3件のフィードバック

  1. なお

    こんばんは。
    早々のお返事をありがとうございました。
    なるほど・・保険料があがるのは分かっていましたが、あまり気にしていませんでした。
    旧ブログのほうも見させていただきます。ありがとうございました!
    (リンク貼っていただきありがとうございました。)
    保険って難しいですよね。各社特徴があって、横並びで単純に比較できないところが・・。
    もう少し考えてみます。

    ではまた。

  2. なお

    こんにちは。(はじめまして)
    こちらのサイト、以前から時々おじゃましていました・・。覗き見していてごめんなさい。
    最初におじゃましたのは、震災のことを知りたくて、です。が、私もプードルを飼っています。
    ペット保険、私は もっとぎゅっと70%プラン に入っているのですが、保険料が割高なので変えようかな・・と思っています。(プードルなので、膝蓋骨脱臼になっても補償があるところ、と思って入ったのですが)
    アイペットからPS保険に変わられた理由を、差支えなければ教えていただけますか・・?
    tadeさんの個人的意見で構いませんので・・。
    では また。

    1. admin

      なおさん、こんにちは。

      ご質問については、あくまで個人的な見解として参考にしていただければと思います。

      ボクがペット保険を切替えようと考えた発端は、アイペットは将来の保険料が高くなるということを知ってからです。
      ペット保険は犬が歳をとるごとに保険料がアップしていくように設計されています。それはどこの保険会社も同じなのですが、問題はそのアップ額です。アイペットの場合は他の保険よりもアップ額が大きいので、将来の保険料負担が犬の年齢とともに重くなっていくのです。犬が10歳のときの保険料の違いには愕然とするものがありました。

      詳しい内容はボクの旧ブログ(『トイプードル・レオくんの「ワンとのお仕事」』)に記事にしていますので、もしよければ参考にご覧ください。

      今になってペット保険を見直す理由とは
      ボクがペット保険を選んだ3つの決め手
      ペット保険で気になる小額短期保険と損害保険に違いはあるのだろうか
      ペット保険の切り替え手続きをする上での3つの注意点

コメントは停止中です。