この間のレントゲンや注射の診療費用をペット保険に請求する

先月、動物病院でレントゲンと注射をしてもらったことがあったのですが、保険会社に保険金の請求をしていませんでした。その後も通院することになるのであれば、まとめて請求しようと考えていたからです。

ですが、レオくんはそれっきり元気になったので、もう動物病院に行く必要がありません。なので保険金の請求手続きをすることにしました。

診療費用

動物病院に行ったのは3月12日でした。(そのときの詳細はこちら
で、診療の内容は次のようなものでした。

  • 触診
  • レントゲン
  • 注射(痛み止め)

診療費用は

初診料 1,428円
皮下注射 4,000円
レントゲン 5,500円
消費税 874円
値引き -2円
 合計  11,800円

結構な出費でした。
けれど、こういうときのためにペット保険に入っているのだから、利用しない手はありませんね。7割が支払われるのだから、当然ですね。

ペット保険の請求

レオくんがはいっている保険はPS保険です。

で、保険金の請求方法はというと、PS保険のサイトから保険金請求書をプリントアウトして、必要事項を記入します。中には「傷病の状況について」の欄が面倒に感じる方もいるかもしれませんが、実際のところは簡単です。

「傷病の状況について」の欄で記入をするのは次のとおりです。

  1. 傷病名
  2. 病院へ行かれたときの状況
  3. 治療や検査の内容
  4. 今後の治療予定の有無(丸印をつける)

詳しい書き方を知りたい方は、以前の記事を参考にしてください。

PS保険の保険金請求のやり方 保険金請求書はこう書けばOKです

あとは、記入した保険金請求書と診療明細書と領収書(レシート)を封筒に入れて送ればOKです。

ちなみに封筒の宛名はプリントアウトして糊付けします。そうすると、郵送料が受取人払いとなるので切手がいらないのです。

 

実は切手不要であることをすっかり忘れていて、今日切手を買ってしまいました。めったに使う機会がない切手なので、しばらく保管しておくことになりそうです。

ちなみに、通常であれば4~5日程度で保険金が振り込みされるはずです。

ということで、ボクのオススメのペット保険です。

スポンサードリンク