PS保険から保険金支払の案内が届きました

先日、レオくんの医療費について加入しているPS保険(ペットメディカルサポート)に保険金を請求しました。そのPS保険から封書が届きました。

どうやら保険金の振込みがされたようです。

PS保険から届いた書類

PS保険から届いた書類は次の2点です。

  1. 保険金お支払のご案内
  2. 保険金支払明細書

具体的な記載内容については次のとおりです。

1.保険金お支払のご案内

保険金お支払のご案内では、保険金支払の手続きが済んだ旨と補償日数について記載されています。特に、補償日数については1年間に受けることができる補償日数(回数)に限度がありますので確認しておきます。

201406070402Insurance
今回も手書きのメッセージをいただきました。

補償は通院・入院・手術について1年間に受けられる日数(回数)が決まっています。

レオくんの場合、2013年7月1日~2014年6月30日の1年間で通院3日分の医療費の補償を受けたので、残りは17日分の通院医療費の保証が受けられることが記載されています。また、入院や手術の補償を受けていないことも確認できます。

とはいっても、今月の6月30日で1年を迎えるのですが、それまでに動物病院に行く予定はありません。

もちろん、継続加入をした場合は補償日数はリセットされます。

2.保険金支払明細書

保険金支払明細書には、保険金の振込手続日と振込金額が記載されています。

201406070403Insurance

レオくんは補償70%のコースに加入しています。

今回の保険金は、5月24日に動物病院に支払った合計額4,320円の70%にあたる3,024円でした。つまり、再診料も補償の対象になっているということです。

保険金が支払いされるまでの日数

今回の保険金は、保険金請求書を送付してから6日で振込みされました。ですが、その間には土日も含まれるため、その分は差し引いて考えなければなりません。

具体的には、保険金請求書を投函したのは5月29日の夕方でしたので、実質の集荷は5月30日(金曜日)と考えられます。PS保険には6月2日(月曜日)に書類が届いたとするなら、3日目には振込みされたことになります。

つまり、実質的には3日で保険金が支払いされたというわけです。
PS保険は対応が早いといえそうです。

支払った保険料と受けた補償

この1年間のペット保険の保険料は25,130円でしたが、補償を受けたのは通院3日分の6,700円でした。この結果をどう捉えるかは、たぶんそれぞれの考えがあることだと思います。

ボクは、レオくんが大きな病気やケガもせずによかったと素直に思っています。レオくんには、これからも健康でいて欲しいです。

で、ペット保険はPS保険で更新することにしています。

ペット保険なら「PS保険」
月払1500円~入院・手術・通院を補償

スポンサードリンク