近ごろ覚えたコマンド「ミテ」はボク等の秘密兵器

レオくんは食事の前にコマンドの練習をするのが日課です。

「オスワリ」「フセ」「ペタン」「コイ」「オテ」などです。ちなみに「ペタン」というのは、フセた状態からさらにアゴを床につけさせる動作です。

そして、しばらく前からはもう1つの練習を加えています。

新しいコマンド「ミテ」

レオくんが食事を食べ始めるまでには、次のようなプロセスがあります。

  1. コマンドの練習をします。随時、ドックフード1粒をご褒美にあげます。
  2. コマンド練習の終了を合図をします。
  3. レオくん専用テーブル(単なる食器置き)前に「オスワリ」させます。
  4. レオくん専用テーブルにドックフードと水を入れた食器を置きます。
  5. 「ヨシ」の合図で食べ始めます。

このプロセスの4と5の間に、もう1つ別のコマンドの練習を加えています。

それが「ミテ」です。
冒頭の写真が、その「ミテ」の練習のようすを写したシーンです。

いつから練習をはじめたのか記録していないのでわかりませんが、多分2週間ぐらい経つと思います。で、最近はこのコマンドが役立つようになってきました。

「ミテ」の狙い

コマンド「ミテ」は、立てた指を凝視させることにあります。つまり、視線をボクの方に向けさせて静止させることが狙いなのです。

要するに、レオくんの写真を撮りたいときに便利なのです。^ ^

これまでもレオくんの顔をボクの方に向けさせることはできました。「レオ」と名前を呼べばよかったのです。

だけど、写真を撮るには大きな欠点がありました。ボクの方を見るのは一瞬だけだったので、カメラ目線のショットを撮るのが大変だったのです。

それが「ミテ」ができるようになってきたので、写真を撮るのが楽にできるようになりました。

欠点も

このコマンドはとても便利なのですが、思いもよらなかった欠点がありました。

例えば、振り向いたレオくんの姿を撮ろうと思って「ミテ」コマンドを使うと、レオくんはオスワリしてしまうのです。

そうなのです。レオくんにとって「ミテ」は、オスワリして見つめることと覚えてしまったようです。

なかなか思惑通りにはいかないものですね。^ ^

スポンサードリンク