2016年 伊豆下田旅行1日目(昼食)

2016111015くらの坊

お昼は河津町にある「くらの坊」さんに行きました。

ここは通りから少し入ったところにあるのですが、入り口がわからず通り過ぎてしまいました。再度戻りながら探してみるとブルーの看板があったので、ボクが勝手に違うイメージを想像していたために見落としたみたいです。

民家を改装したお店

「くらの坊」さんは民家を改装したお店のようで、落ち着いたつくりになっていました。

2016111018くらの坊屋根裏

外観は瓦屋根なのですが、中に入ってみると天井がない吹き抜けで、屋根裏は茅葺風になっていました。

このような雰囲気の良いお店なのに、ワンコOKとは嬉しい限りです。

2016111017レオくらの坊店内

それに、11月ともなればテラス席では寒さがしみて辛いものがあるのです。

おいしかったお昼ご飯

さて肝心のお料理ですが、お店の雰囲気に違わず、なかなか手の込んだものでした。

2016111020くらの坊のお昼ご飯

ボクが注文した「天城しゃもの鶏飯白湯スープのかけ汁」です。左奥はしゃも鶏、右奥はおぼろ豆腐で、手前側のたくさんの小皿は薬味です。

白ご飯に白湯スープをかけて数種類の薬味から好きなものを入れ、お茶漬けのようにして食べます。これは結構、食が進んでしまいましたよ。

2016111019くらの坊のランチ

かみさんは「一汁三菜の御膳」を頼みました。左奥は焼き魚、右奥はお刺身、左手前はおぼろ豆腐、右手前はお味噌汁です。

どちらの料理もおいしかったのです。なので、いつも以上にお腹いっぱいに食べたのですが、それでもご飯を残してしまいました。

2016111022くらの坊のご飯

実のところ特においしいと思ったのは、このご飯でした。それなのに残してしまったのは実にもったいなかったです。できるなら握り飯にして欲しいぐらいでした。(笑)

2016111021レオのお昼ご飯

レオくんも持参したご飯を食べました。

ディナーではなくランチにしたのは

正直にいうと、初めは「くらの坊」さんで夕食をいただこうかと考えていました。それで実際に予約もしました。(ディナーは予約が必要なのです)
けれど、予約した日の翌日にはキャンセルをしたのでした。

2016111016くらの坊

なぜかというと、「くらの坊」さんのディナーはコース料理で、お値段が1人8,100円となかなかのものです。それでも余すことなく味わえるならよいのですが、かみさんは小食な上に肉魚系はあまり得意ではありません。

つまり、あまり食べられないと思われるコース料理に8,100円を支払うのはどうかという結論になったわけです。

2016111018くらの坊から見える温泉塔

その点ランチならば、数種のメニューから選ぶことができるし、お値段もディナーと比べれば格段にお手頃でした。(ボクたちの食事代は2人で5,400円でした)

そんなわけで、「くらの坊」さんではディナーではなくて、ランチをいただくことにしたというわけでした。

ちなみに、これはボクたちの場合であって、誰にでもあてはまる話しではないのは言うまでもありません。

もしも好き嫌いがなくて一般的なボリュームを食べることができるなら、ディナーを試してみるのもよいと思います。だって、ランチのおいしさから推し量れば、ディナーも期待できると思うからです。

スポンサードリンク