伊豆熱海の旅 サンダンスリゾート熱海はこんなところです

2014年4月10日

伊豆熱海の旅で宿泊したのは、サンダンスリゾート熱海です。
ここを利用したのは初めてだったのですが、途中で道を間違ってしまい無事に到着するまで不安になってしまいました。

サンダンスリゾートクラブ

はじめにサンダンスリゾートクラブについて簡単に説明しておきます。

サンダンスリゾートクラブは会員制のリゾートクラブのことで、クラブメンバー(会員)はクラブが保有する各地の施設を利用することができます。そしてボクは、サンダンスリゾートクラブのメンバーになっているというわけです。

詳しい内容については、以前ボクが書いたサンダンスリゾートに関する記事がありますので、そちらを読んでください。

会員制リゾートのサンダンスリゾートクラブはこんなところ

サンダンスリゾート熱海は、坂道と駐車場に注意

さて、サンダンスリゾート熱海です。

実は行く前から道は狭いだろうなと想像していたのですが、まったくそのとおりで、加えて坂が多かったので、車の運転には神経を使いました。

それで行く途中で道を間違ったところ、さらに道幅が狭くなるし一方通行だったので戻りたくとも戻れないという状況に陥ってしまいました。幸い車にキズをつけることなく路地から脱出できたときにはホッと胸をなでおろしました。

そのあとはスンナリとサンダンスリゾート熱海が見つかったのですが・・・

坂道を上ってきて最初のサンダンスリゾート熱海の入り口(左の写真)があります。
ですが、車はここから入らないでください。

建物につづく進入路(右の写真)は狭いし、突き当たるまで進んでも車をUターンさせるスペースがありません。

間違って進入してしまうとバックで戻るしかなくなります。
岩が突き出た狭い入り口を出るために、5年分ぐらいの寿命をすり減らすことになります。

駐車場は、最初の入り口を通り過ぎて建物に沿って左に折れるて直ぐのところにあります。
ですが、駐車スペースは2~3台分ぐらいしかありません。

離れた場所にある第二駐車場を利用することになるかもしれません。

ボクの場合は、宿泊者の中で最後に到着したことが幸いして、先ほどの入り口に駐車させてもれえました。

サンダンスリゾート熱海の和室

ボクたちが利用した部屋は和室でした。

ですが、床はフローリングになっていて1部にビニール製の畳が敷かれていました。
ちょっと変わった造作の部屋でした。

部屋に備え付けのお風呂はありません。
地下にある大浴場を利用するようになっています。

もちろんワンコ用のケージなどの一式も備え付けてあります。

また応接セットもありましたが、ケージをおいたために狭くなってしまっていました。
まぁ、これは仕方ないところです。

部屋からは熱海の海(相模灘)が見えました。
わるくない景観です。

床の間や下駄箱に花が飾ってありました。
これは造花なのだけれども、あるか無いかでずいぶんと部屋の印象が違って見えるはずです。

ちょっとしたことですが大切なことですね。

ワンコ専用出入り口

サンダンスリゾート熱海では、ワンコの出入りは専用出入り口を利用するようになります。

裏口に見えるドアがワンコ専用の出入り口です。
このドアを入り、さらに鉄扉を2つ通っていくと、ボクたちの泊まった202号室の目の前にでました。

裏口は2階フロアと同じ高さになっていたのです。

その他の館内設備

ラウンジは無駄に広々としていました。
使いみちがなく持て余しているようにみえました。

夕食や朝食は大広間でいただくことになります。

ですが、ボクたちは利用しませんでした。
夕食はケニーズハウスカフェで食べたし、朝食はマリーで買ったパンですませました。

地下の大浴場は、サンダンスリゾートの施設の中では広い部類に入ります。
夜にボクが入浴したときにはお爺さんと二人きりだったので、ゆったりと入ることができました。

それからサンダンスリゾートでは珍しい卓球台がありました。
利用する人がいるのかどうかは甚だ疑問です。

サンダンスリゾートの施設では定番のチャイルドルームとランドリールームです。
きっとハイシーズンには利用する人が多いことでしょう。

スポンサードリンク