ブラッシング

ブラッシング

トイプードルは巻き毛がある上に被毛が柔らかいので、毛玉ができやすい犬種です。ブラッシングをサボってしまうと、すぐに毛玉ができてしまいます。
毛玉になった部分が、抜けてしまうこともあります。

トイプードルの毛玉は、毛先からできるのではなくて根元からできます。毛玉をほおっておくと皮膚が蒸れた状態になって皮膚病の原因になってしまうこともあります。

ブラッシングは、抜け毛やゴミを取り除き、毛のもつれをほぐしてきれいな被毛にたもつことができます。また、皮膚に刺激を与えて血行をよくすることで、新陳代謝を促すは効果があります。
その結果、毛玉ができにくくなり皮膚病の予防になると同時に、発育を促すことにつながるのです。

これは重要なことで、短毛種の犬種でもブラッシングがかかせないのは、このような理由があるからです。

毎日ブラッシングすることで、犬とのスキンシップをはかることができると同時に、被毛と皮膚の状態がわかります。皮膚病などの早期発見にもつながります。

あまりブラッシングをしていなかったという飼い主さんがいるのなら、愛犬のために今日からは毎日ブラッシングを実行しましょう。

スリッカーとコーム

ブラッシングで必要な道具は、スリッカーとコームです。

スリッカーはソフトスリッカーを使います。
犬の毛のもつれは根元からできてきますので、表面をブラッシングしてもダメです。被毛を分けながら毛の根元からしっかりブラッシングしましょう。
だからと言って、力を入れて強引にブラッシングすると、皮膚を傷つけるばかりか、犬がブラッシングを嫌いになってしまいますので、気をつけましょう。

もつれやすいのは、耳周り、脇の下、お腹、股の内側、お尻の周囲です。ブラッシングの都度、必ずチェックする習慣を身につけましょう。

トイプードルのような長毛種の場合は、スリッカーでブラッシングした後は、コームでもつれた箇所がのこっていないかチェックするようにしましょう。
コームがスムーズに梳かせればOKですが、ひっかかるようならば、その部分をもう一度スリッカーで丁寧にもつれをほどくようにします。

ブラッシングする望ましいタイミング

・散歩の後
ゴミを取り除く目的もあるので散歩の後にはブラッシングします
・シャンプー前
シャンプー前にブラッシングをしないと、もつれがひどくなります。

シャンプー前には必ずブラッシング
シャンプー前にブラッシングしましょうとは、よく耳にすることでしょう。
ちゃんとした理由があります。
毛玉やもつれは毛の根元からできてくるのですが、シャンプーすることで毛をこすることになり頑固な毛玉を作ってしまうのです。シャンプー後の毛玉は固くなってしまい、ほぐしにくくなるのです。
だから、シャンプー前には必ずブラッシングすることが大切なのです。