動物病院

動物病院との付き合いは、ワンちゃんを飼い始めたときから始まります。
いざと言うときに頼りになるのが獣医師なのですから、良いかかりつけの動物病院を見つけたいものです。

動物病院選びのポイント

話しをきいてくれる

獣医師が飼い主の話や相談を丁寧にきいてくれるかどうかが、第一にチェックしたいポイントです。
たとえ忙しくとも相談をきいてくれる獣医師ならば安心です。

清潔さ

動物病院といえども病院です。掃除が行き届いていなければ信用できません。
装飾やデザインがいま一つと感じたとしても、清潔ならば合格点です。

説明してくれる

病状や治療方法などを丁寧に説明してもらえれば、飼い主は安心できます。
それが、おざなりな説明を受けたとしたら、不安ばかりが募ってしまいます。
丁寧な説明と質問を受けて答えてくれる獣医師に診て貰いたいと思うのは、飼い主全員の思いでしょう。

治療費

動物病院の治療費などは、病院毎に自分で決められます。
そのため、高い治療費を請求する病院とそうでない病院など、治療費にバラツキがでています。
治療費の相場などを知人やインターネットなどで調べて置くようにすると、高いか安いかが判断できるようになります。

 

動物病院をさがす

動物病院は自宅から近い医院からさがすのが基本です。
ちょっとしてことでも病院が近ければ行きやすいというのが理由です。
ですが、一番近い病院が必ずしも良いとは限りませんので、あくまでも第一候補として選ぶようにしましょう。

ワンちゃんを飼い始めには、健康診断やワクチン注射、狂犬病注射などで通院することになります。
そのときに、獣医師の応対はどうかとか、病院はどうかを判断して、その後も掛かりつけの病院に相応しいかを判断します。
なんとなく通院していると、そのまま良し悪しを判断しないままとなってしまいますので、しっかりと目的意識を持って病院に行くようにしたいものです。

 

マナー

ただでさえ動物病院には、ワンちゃんやネコちゃんが集まります。
むやみに吠えてしまうようでは、他の来院者の迷惑になります。

受付した後は外で待つのも、一つの方法です。
ワンちゃんを落ち着かせることに効果がありますし、不要な感染を防ぐことにも役立ちます。

また、「オスワリ」「マテ」などをマスターさせておくとスムーズに診察を受けることができます。
日ごろからのしつけを心がけましょう。