居住空間

ワンちゃんの居住空間を与えることは大切なことです。
この空間は、はじめのしつけ次第ですので、どのようにしたいのかをはっきり決めておく必要があります。

ケージ・サークル

もっとも多いのがケージやサークル内を居住空間としているケースのようです。

ケージやサークルの中には、ベットとペットシーツ・シーツトレーを設置します。
就寝や留守番をさせるときには、ケージやサークル内で休ませるようにします。

クレート

クレートを利用するのも良い方法です。

ワンちゃんの祖先は穴倉生活をしていたことから、クレートのように適度な狭さで暗がりを好むと言われています。
そういったことから、ワンちゃんがクレートに慣れれば安心できる場所になります。

この場合のトイレは、別に設置することになります。

開放型

ケージにせよクレートにせよ、出入り自由に開放しているケースです。

開放していますので、就寝時や留守番のときだけケージやクレートに入れておくことが難しくなってしまうのは当然です。
しかし、ワンちゃんが安心できる場所とわかると、就寝時には自分から入って休むようになります。