ペット保険

人とペットの医療費の違い

私たちは、うまれたときから健康保険に加入することが義務付けられて加入しています。医療費の7割を健康保険が負担してくれているので、実質3割の支払いですんでいます。そのおかげで比較的気軽に病院に行くことができます。

ところが犬や猫などのペットの場合は健康保険のような社会保障制度がありません。動物病院の医療費はペットの飼い主が全額負担しなければならないのです。

iryohinochigai

「全額負担といってもペットは小さいのだから、医療費だってそれなりなのでは?」

と言う方がいるかもしれません。

一度でも動物病院にかかったことがあればわかるはずですが、人の医療費と変わりませんし、むしろ高いぐらいです。そして健康保険が適用されませんから、医療費の全額を負担することになりますので、実質にはペットの医療費の方が断然高くなってしまうのです。

初めて動物病院で診察代の明細をみて愕然とするはずです。

ペット保険は医療保険のペット版

そこで健康保険の代わりとなってくれるのがペット保険です。
正確にいえば健康保険というよりも、むしろ民間の医療保険のペット版ということになるかもしれません。

ペット保険に加入していれば、かかった医療費の7割や5割などを保険会社が負担してくれます。(保険会社が負担する割合は契約により違いがあります)

手術などのように高い医療費がかかってしまったときほど、ペット保険のありがたさを実感することになります。

その一方で、ペットが全くの健康で医療費がかからなければ、ペット保険の恩恵を受けることはありません。保険の掛け金を支払っただけという場合も当然にあり得ることなのです。

加入するかどうかはペットとどう付き合っていくかを決めること

ペット保険は医療保険のペット版です。万一の備えとして加入する保険なので、保険を利用する機会があるかどうかはわかりません。むしろ健康で利用することがない方が望ましいといえます。

健康保険と違って加入するかどうかは自由です。なので、損得勘定がペット保険に加入するかどうかのひとつの判断基準になるのは仕方のないことです。
このことがペット保険に加入することに積極的になれない飼い主さんの、加入しない一番の理由となっています。

ペット保険は任意で加入する保険です。
加入するかどうかは飼い主さん次第ということです。

それを決めるということは、飼い主さんがペットと『どう付き合っていくか』ということを決めることでもあるようです。

公開日 2012年08月13日
更新日 2014年05月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です